キュア

若き外科医の斐川竜介は、肝臓ガンに冒され余命1年であることを知る。絶望の中、自分の患者だったリストカットの少女に支えられ、最先端医療を求める末期ガンの男や、「ガンを克服した」スピリチュアルのカリスマとの出会いを通し、自分だけが与えられる「治療」を模索する。

関連記事一覧

PAGE TOP