新刊「指鬘物語」にタイトル決定

10月6日のミーティングで新刊のタイトルは「指鬘物語」に決定。さてこのタイトル、読めますか?「しまんものがたり」と読みます。「指鬘」とは殺人鬼から仏弟子になった「アングリマーラ」のことです。もともと修行者だったアングリマーラ。兄弟子の恨みを買い師につけぐちをされます。誤解を受けたアングリマーラの末路は殺人鬼に。それを救ったのがブッダ。

掌編小説なので「手」や「指」をテーマにした話を中心にまとめています。それでこのタイトルがつきました。現代風の恋愛ものから、家族、過去の人々の物語……時代を超え、描かれる人間の生活と心を10枚の原稿用紙におさめました。

しかも出版は11月末。作者もびっくり。「来月ですか?」「はいそうです」ときっぱり。これからゲラが出ます。何度も推敲しているので直しはありませんが。来月には読者のみなさんにお届けします。どうかお楽しみに。

PAGE TOP