ダイアローグ研究会

h. ダイアローグ研究会

ダイアローグ研究会のツアー・セミナーのご案内

ダイアローグ研究会

社会・環境と科学の対話を考える
2010年より明治大学においてほぼ隔月で研究会を開催してきました。
一般参加者と専門家が対話する場として、毎回、六十人~八十人もの方たちが参加してくだっています。そのなかには原子力の専門家も多く、また、新聞やテレビに携わるジャーナリストもメンバーとして参加。幅広い年代、さまざまな職業の人たちといっしょに、多角的な問題提起を行い、対話を続けてきました。科学技術の進歩とともに各領域の多様化・専門化が進んでいます。細分化によってそれぞれの専門領域が確立する反面、その結果として言語や価値観の著しい相違が生じています。人間の生命に関わるような重大な社会問題に直面しても、この言葉や価値観の壁が障壁となり当事者同士の対話が成立しない状況を引き起こしています。違う領域の者同士がどのようにして対話のテーブルに着き、対話を始めるかはあらゆる分野において大きな課題です。私たちは『対話』とはどのようなものだと考えているのでしょうか。対話の定義自体も曖昧なままで対話を始めていることが多いのではないでしょうか。このダイアローグ研究会は『ダイアローグ=対話』を実践的に模索する研究会です。対話の可能性について考えるために、まず対話を体験してみること、を目的としています。あらゆる問題を、対立ではなく対話によって超えていこうという試みです。
田口ランディ

img_0339

2016年ダイアローグ研究会企画特別ツアー

「放射性廃棄物最終処分実験地をめぐる」

第一回

岐阜県瑞浪 2016年09月1日……終了いたしました

第二回

北海道幌延 2016年10月12日〜13日 定員に達しました

 

女性だけで組まれた「穴を見るツアー」の様子はこちらでご覧になれます。

このツアーは2017年も企画予定。ツアーの報告会を明治大学の研究会で。

詳細が決りましたらお知らせいたします。

ダイアローグ研究会にご興味をもたれた方は事務局までお問い合わせください。

ダイアローグ研究会事務局
宗野真悟 super_question_mark@yahoo.co.jp

これまでのダイアローグ研究会のテーマ

第一回「対話の可能性を探る~原子力施設立地地域での経験から」

2010年10月21日(木)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1085教室
スピーカー 北村正晴

 

第二回「レオ・シラードから学ぶ~核時代の対話」

12月2日(木)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1085教室
スピーカー 田口ランディ

 

第三回「環境と情報と対話 私たちこれからどうなるの?」

2011年1月27日(木)18:00~21:00
場所 明治大学アカデミーコモン 309E
スピーカー モーリー・ロバートソン

 

第四回福島第一原発事故をめぐる対話(1)

2011年4月28日(木)
場所: 明治大学リバティタワー10階1104教室(隣に控室あり)
第一部 18時~18時40分
「事故の経緯と現状の確認」
 発表者 北村正晴(原子力・リスクマネジメント)
第二部 18時40分~20時00分
 「対話(コミュニケーション)はなぜ必要なのか?」
 参加者 田口ランディ
     林志高 早稲田大学
     佐藤直子 東京新聞
第三部 20時10分~19時
 「そして、これから起こりうること」
  北村正晴
  野口邦和 放射線防護学
  全体進行 竹内整一
3.11の福島第一原発事故を受けて、北村氏より事故の経緯と現状の確認。そして、情報が錯綜するなかで、対話は成立するのか? 放射線防護学の野口氏より、これから起りうる放射線の被害についての発表。

第5回『福島第一原発事故をめぐる対話 その2」

5月19日18時~21時場所 明治大学駿河台校舎リバティタワー

 

第6回研究会「エネルギーをめぐるシンポジウム」

開催日 2011年7月14日(木)
時間 18:00~21:00場所 明治大学リバティータワー1065教室
司会・進行
大森正之(明治大学政治経済学部教授)
スピーカー
・花村光太郎(明治大学政治経済学部大森ゼミナール)
「電力依存国、日本~原発とライフスタイル~」
・大森正之(明治大学政治経済学部教授)
「ポスト3.11の環境と経済~異世代間の原発のリスクの配分について」
・山崎宏樹(明治大学院政治経済学研究科)
「リースによる太陽光発電の普及戦略」

 

第7回「はかなさの感受性-転機としてのクライシス」

2011年9月22日(木)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1125教室
スピーカー 竹内整一 鎌倉女子大倫理学教授
対話 竹内整一×田口ランディ
「放射線量で命は計れるのか?」

 

第8回スタッフミーティングと今後の指針

2011年12月12日(木)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1071教室

第9回「基礎情報学から見た原発事故」

2012年2月20日(月)
18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1071教室
スピーカー 西垣通 東京大学大学院基礎情報学教授
生命情報という視点から、現代社会の問題をとらえる。情報化社会という名の「情報」は生命情報ではない。情報は一つではない。生命を情報という視点から見つめると、世界はどう変化するか?

第10回「異なる立場から原発の安全を探る」2012年4月16日(月)

18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
スピーカー 吉岡斉 九州大学副学長 科学史
吉岡斉先生と北村正晴先生の対話
反原発の立場で、特に最先端科学技術の暴走に警鐘を鳴らしてきた吉岡氏。現在は政府の原発調査委員。北村氏は当時、原発保安委員会の教育的な立場。原発事故発生以前、両者は立場的には対立していたが、事故以降、原発に対する意見は少しずつ歩み寄っている。共に横滑り的な「反原発・即時停止」の主張には危機感をもっており、原発を扱う人間の精神性に関心を寄せている。原子力問題の未来を担う二人の対話のなかから、原発問題のより安全かつ現実的な道を模索した。

第11前回のフォローアップ研究会

2012年5月14日(月)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー1064教室

第12回「行動と対話の接点」

2012年6月18日(月)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
スピーカー 北村正晴・八木絵香・川合アユム・田中宏和
ダイアローグ研究会参加者による対話。対話と行動……どちらが大切なのか?その接点は?

 

第13回福島県川内村一泊スタディツアー

8月25日~26日
福島スタディツアー
村の民家へ突撃夕ご飯など、盛りだくさんの二日間
コーディネーター 西巻裕(川内村在住 原発を考える知ろう館 館長)

 

第14回「放射線被曝におけるリスクコミュニケーションはなぜ成立しにくいか」

2012年9月3日(月)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室
スピーカー 島薗進 東京大学宗教学教授
生命倫理の観点から原発……特に放射線被曝の問題をなぜ医師が過小評価するのか……という問題に斬り込む。吉岡斉氏、澤田哲生氏、野口邦和氏なと、多くの原子力関係者が参加。

 

第15回「前回の対話を受けて参加者によるおさらい会」

2012年10月25日(木)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1095教室

第16回「リスクコミュニケーションとはなにか?」

2012年12月10日(月)18:00~21:00
場所 明治大学リバティタワー9階1084教室
スピーカー 西條剛央 早稲田大学講師
ダイアローグ研究会メンバーであり、震災後は「ふんばろう東日本」のリーダーとして画期的な支援システムを構築した西條氏に、これまでの体験をふまえて、今後、福島の問題にどう取り組んでいくかを聞く。

 

第17回「福島第一原発事故以降のデモの変遷について」

2013年 5月21日(火)18時30分~21時
場所 明治大学駿河台 リバティタワー9階1093教室
テーマ
司会 小柳 元(ライブハウス「新宿ネイキッドロフト」スタッフ)
   田口ランディ
(登壇者)
平野 悠(ロフトプロジェクト会長)
針谷大輔(民族派義勇軍議長/「右からの脱原発」著者)

 

第18回福島県川内村スタディツアー

2013年8月30日(金)31日(土)9月1日(日)
二泊三日です。一泊でも可です。
郡山駅集合、郡山駅解散です。

img_0299

第19回「原子力と対話 これまでとこれから」

2014年年4月8日 火曜日 午後六時半開場 七時~九時まで。
お茶の水駿河台 明治大学リバティタワー 7階1075教室
北村正晴・田口ランディ

第21回川内村自由大学

2014年8月23日(土)~24日(日)
集合場所 JR東日本郡山駅新幹線中央口
集合時間 11時10分

img_0294

第22回 『震災とマンガ~美味しんぼ問題とメディアの在りかた』

2014年10月14日(火)18:30開場/19:00開始/21:00終了
お茶の水駿河台 明治大学リバティタワー
ゲストスピーカー
藤本由香里
明治大学国際日本学部教授・マンガ評論家

第23回「原発事故報道を振り返る―その時メディアと行政は?」

2014年12月16日(火)
 ゲストスピーカー 南相馬市長 桜井勝延
 司会 田口ランディ
日時 2014年12月16日(火)18時30分開場 19時開始 21時終了
場所 お茶の水 駿河台明治大学リバティタワー 1095教室(9階)

 

第24回「イタリア人ジャーナリストが見た福島第一原発事故」

2015年6月9日(火)18時30分開場 19時開始 21時終了
場所 お茶の水 駿河台明治大学リバティタワー 1094教室(9階)
ゲストスピーカー ピオ・デミリオ

 

 

 

PAGE TOP