既刊リスト

  1. いのちのエール 

    初女お母さんから娘たちへ

    青森県弘前市にある「森のイスキア」の主宰である、佐藤初女さんとの15年にわたる交流を描いたものがたり。初女さんの生き方から学んだことをていねいに綴ってみました。初女さんは2016年2月に亡くなりました。初女さんの信仰について書きますとお約束したのは、お会いして二年目のこと。クリスチャンだった初女さんが食を通して感じていた神さまとは……。

     

     

    • 価格:¥1,512円
    • ページ数:
    • 出版社:中央公論新社
    • 発売日:2015/10/3
    • アマゾンで購入する
  2. サンカーラ

    無常の世に暮らして、私は問いつづける。どう生きたらよいのでしょうか。

    地震で揺れ続けるこの日本に生きているということ、原発のある国に暮らしていると いうこと……福島、広島、水俣。日々暮らしながら突きつけられる重い問いかけを受けとめ、迷いながらも、出会いに支えられて、ひたすら歩き続ける。ブッダ の大きなこころを仰ぎ見つつ、思い悩み、無常の世をさまよいながら紡ぐ、日常のものがたり。

    • 価格:¥1,680
    • 単行本:250 ページ
    • 出版社:新潮社
    • ISBN-10:4104622028
    • ISBN-13:978-4104622023
    • 発売日:2012/10/22
    • アマゾンで購入する
  3. ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ

    世界で唯一、原爆を落とされた国が、なぜ原発大国になったのだろう?

    ヒロシマ・ナガサキとフクシマは、見えない糸でつながっている。そのつながりを、歴史を振り返り、圧倒的な想像力で描き出していく。これからの「核」の話をはじめるための、最初の一冊。

    • 価格:¥798
    • 新書:175 ページ
    • 出版社:筑摩書房
    • ISBN-10:4480688692
    • ISBN-13:978-4480688699
    • 発売日:2011/9/5
    • アマゾンで購入する
  4. アルカナシカ

    それでも人は、UFOを求める。

    多くの人が語る、不可思議な「体験」―。やがてそれらは、奇妙な符合を見せはじめた。日常と超常をさまよう渾身のノンフィクション。

    • 価格:¥1,575
    • 単行本:236 ページ
    • 出版社:角川学芸出版
    • ISBN-10:4046532459
    • ISBN-13:978-4046532459
    • 発売日:2011/6/22
    • アマゾンで購入する
  5. マアジナル

    1987年10月。江上紗子はこの路地で消えた。あの日少女に何があったのか。拉致か、神隠しか、それともアブダクションか。UFO伝説の残る北陸の小さな町を舞台に過去と未来、現実と非現実が交錯する最高傑作長編!

    • 価格:¥1,785
    • 単行本:400 ページ
    • 出版社:角川出版
    • ISBN-10:4048742019
    • ISBN-13:978-4048742016
    • 発売日:2011/5/26
    • アマゾンで購入する
  6. キュア

    若き外科医の斐川竜介は、肝臓ガンに冒され余命1年であることを知る。絶望の中、自分の患者だったリストカットの少女に支えられ、最先端医療を求める末期ガンの男や、「ガンを克服した」スピリチュアルのカリスマとの出会いを通し、自分だけが与えられる「治療」を模索する。

    • 価格:¥714
    • 文庫本:358 ページ
    • 出版社:朝日新聞出版
    • ISBN-10:4022645692
    • ISBN-13:978-4022645692
    • 発売日:2010/9/29
    • アマゾンで購入する
  7. 生きなおすのにもってこいの日

    今日もまた、台所のテレビから蟻の行列のようにぞわぞわとニュースが流れてくる。秋葉原の連続殺傷事件。幼い少女に性的行為を無理強いし、さらに殺してしまった男。
    強姦目的でマンションに侵入し、女性を殺害した男……。
    死刑、という言葉が浮かぶ。こんな卑劣な男は殺してしまってもよいと思う。
    けれども……。

    • 価格:¥1,365
    • 単行本:236 ページ
    • 出版社:バジリコ
    • ISBN-10:4862381472
    • ISBN-13:978-4862381477
    • 発売日:2009/9/5
    • アマゾンで購入する
  8. 宙返りの練習

    東本願寺発行「同朋」の連載エッセイ、待望の単行本化。巻末対談「お坊さんが教えてくれない肝心なこと」も必読!

    • 価格:¥1,575
    • 単行本:181 ページ
    • 出版社:東本願寺出版
    • ISBN-10:4834104036
    • ISBN-13:978-4-8341-0403-5
    • 発売日:2009/7/2
    • アマゾンで購入する
  9. 被爆のマリア

    ようやく結婚が決まった38歳の私に父が提案したのは、結婚式のキャンドルサービスに「原爆の火」を使うことだった。戦後60年を経てなお日本人の心を重く揺さぶる闇を被爆者ではない4つの視点から見つめ、「実在しない片仮名のヒロシマ」ではなく「正真正銘の広島」にたどり着こうとする、著者渾身の問題作。

    • 価格:¥560
    • 文庫本:243 ページ
    • 出版社:文藝春秋
    • ISBN-10:4167753901
    • ISBN-13:978-4167753900
    • 発売日:2009/7/1
    • アマゾンで購入する
  10. クレンズの魔法―母たちが娘に伝えてきた秘伝の幸福書

    • 価格:¥1,260
    • 単行本:163 ページ
    • 出版社:海竜社
    • ISBN-10:4759310673
    • ISBN-13:978-4759310672
    • 発売日:2009/5/20
    • アマゾンで購入する
PAGE TOP